貝谷 久宣 (かいや ひさのぶ)

医療法人和楽会 理事長

※2016年01月11日 現在


略歴

貝谷 久宣先生
昭和18年12月8日 名古屋に生れる
昭和37年3月  愛知県立明和高等学校 卒業
昭和43年3月 名古屋市立大学医学部 卒業
昭和54年11月 岐阜大学医学部にて医学博士号取得
昭和47年~49年 文部省在外研究員(ミュンヘン・マックスプランク精神医学研究所)
昭和49年~平成3年 文部教官岐阜大学講師・助教授(神経科精神科)
平成3年~平成5年 自衛隊中央病院神経科部長(一等空佐)
平成4年5月~ 社団法人 日本筋ジストロフィー協会 理事
平成5年4月~ なごやメンタルクリニック設立
平成9年2月~ 心療内科・神経科 赤坂クリニック設立
平成9年7月 医療法人 和楽会 設立
平成13年12月~ NPO 不安・抑うつ臨床研究会設立代表
平成15年4月~ 横浜クリニック 設立
平成18年4月 心療内科・神経科 鎌倉山クリニック 安心堂 設立
平成22年5月 一般社団法人日本筋ジストロフィー協会代表理事
平成24年4月 京都府立医科大学客員教授



所属学会等

日本不安障害学会(評議委員会議長)、日本精神神経学会(専門医)、日本生物学的精神医学会、日本神経学会、米国精神医学会(海外会員)、日本心身医学会(認定医 407号)、日本行動療法学会、日本認知療法学会(幹事)


主な著書・訳書

「認知行動療法の基礎」 2011 金剛出版
「不安障害の認知行動療法」 2010 日本評論社(共編)
「認知行動療法の技法と臨床」 2008 日本評論社(共編)
「パニック障害ハンドブック:治療ガイドラインと診療の実際」 2007 医学書院(共著)
「うつ病の認知療法<新版>」 2007 岩崎学術出版社(監訳)
「うつ病:アセスメントと治療法の組み立て方」 2007 金子書房(監訳)
「不安障害の臨床心理学」 2006 東京大学出版会(共編)
「実践家のための認知行動療法テクニックガイド」 2005 北大路書房(監修)
「不安障害」 2005 日本評論社(監訳)
「セルフ・エフィカシーの臨床心理学」 2002 北大路書房(編著)
非定型うつ病 主婦の友社(2009-7)
不安・恐怖症のこころ模様 講談社(2008-11)
気まぐれ「うつ」病―誤解される非定型うつ病 筑摩書房 (2007-07-10出版)
新版 不安・恐怖症―パニック障害の克服 講談社 (2005-10-10出版)
対人恐怖―社会不安障害 講談社 (2002-02-10出版)
脳内不安物質―不安・恐怖症を起こす脳内物質をさぐる 講談社 (1997-08-20出版)
マインドフルネス・瞑想・坐禅の脳科学と精神療法 貝谷久宣・熊野宏昭 【編】 新興医学出版社 2007/11
貝谷久宣・不安抑うつ臨床研究会編 パニック障害研究最前線 日本評論社 東京2000
貝谷久宣・不安抑うつ臨床研究会編 パニック障害症例集 日本評論社 東京2001
貝谷久宣・不安抑うつ臨床研究会編 パニック障害セミナー2001 日本評論社 東京2001
貝谷久宣・不安抑うつ臨床研究会編 パニック障害の精神病理学 日本評論社 東京2002
タン・J・スタイン、エリック・ホランンダー編 Textbook of Anxiety Disorders 樋口輝彦・久保木富房・貝谷久宣・坂野雄二・野村忍・不安・抑うつ臨床研究会監訳 不安障害 日本評論社 東京 2004
ルイス・A.シュミット/ジェイ・シュルキン編著 Extreme Fear, shyness, and Social Phobia 貝谷久宣・不安・抑うつ臨床研究会監訳 社会不安障害とシャイネス-発達心理学と神経科学的アプローチ(A. Schmidt、 Jay Schulkin) 日本評論社 東京 2006
ロイ・クローウィッツ、クリスティン・ワトソン著 Borderline Personality Disorder: a practical guide to treatment 福井至・貝谷久宣、不安・抑うつ臨床研究会 監訳 境界性パーソナリティー障害 臨床ガイドブック 日本評論社 東京 2007


非常勤講師歴

岐阜大学医学部非常勤講師(薬理学)、岐阜大学客員教授(地域共同開発センター)、岐阜薬科大学非常勤講師(保健室カウンセラ-)、滋賀医科大学神経精神医学講座非常勤講師、東京大学医学部附属病院心療内科非常勤講師、三重大学医学部精神神経科学講座非常勤講師、京都府立医科大学精神医学教室非常勤講師


専門領域

精神薬理学、不安障害、特にパニック障害の臨床研究、筋ジストロフィ-医療のシステムと福祉、精神障害(分裂病、うつ病、不安障害)の薬物療法、精神分裂病の神経科学的研究(画像診断,神経化学,精神薬理学)、神経組織化学(光学顕微鏡,電子顕微鏡)、臨床神経病理学(変性疾患)