• トップ
  • > 講座一覧
  • > 神村 栄一 先生 『教育相談・スクールカウンセリングに認知行動療法を活かす:いじめや不登校、衝動行為など児童期思春期のモンダイの理解と対応』

メディカル・アカデミーで配信予定・配信中の講座詳細

[127] 教育相談・スクールカウンセリングに認知行動療法を活かす:いじめや不登校、衝動行為など児童期思春期のモンダイの理解と対応
神村 栄一 (公演日:2013年 7月 7日 講演時間:113分)
メニュー
  • 教育相談・スクールカウンセリングに認知行動療法を活かす:いじめや不登校、衝動行為など児童期・思春期のモンダイの理解と対応
  • 認知行動療法って…
  • したがって…
  • ついでに…
  • 実習その1:自然な治癒や解消
  • 不登校改善のために必須なこと
  • 「退屈の醸成」を阻むもの
  • 補助介入
  • 不登校のリスク要因
  • 不登校改善のために必須なこと
  • 不登校へのCBT
  • 不登校への漸次的接近のすすめ方
  • 不登校への漸次的接近・・・補助手段、コツ
  • 別室登校期間の支援のコツ
  • 再発の防止
  • 未然防止・・・不登校の発端?、に備える、
  • 「退屈の醸成」を阻むもの
  • 補助介入
  • 不登校について・・・覚え書き
  • 用語解説
  • リストカット(para-suicidal behavior)、抜毛(trichotillomania)
  • 自傷癖改善のために必須なこと
  • ここでいまさらですが、
  • ひとつの解決を考案する
  • 自傷癖へのCBT:
  • trichotillomaniaへの介入
  • トークンエコノミー(代理貨幣)法・・・がんばりの維持に
  • 自傷癖・・・支援者が傷をみることの大切さ
  • 補助介入
  • 疑念をはさみつつ、視点を変えてもらい、行動実験、
  • いじめ加害・暴力
  • 加害・妨害改善のために必須なこと
  • いじめ・暴力行為の機能のバリエーション
  • 非行行為とアンヘドニア
  • 加害行為へのCBT:
  • 加害行為への介入
  • 性加害、窃盗癖( kleptomania )、・・の面接で
  • 面接では、・・・コーピング・クエスション
  • リラクセーション・・・ひろく考える
  • 補助介入
  • 補助介入 その2
  • CBTの仕事
  • CBTの仕事(その2)
  • 協同実証主義
  • コンサルテーションでの協同実証主義
  • 聞くテクニックの例
  • 聞くテクニックの例(その2)
  • 児童期・思春期の困難へのCBT :ポイント
  • 児童期・思春期の困難へのCBT :ロールプレイ
  • 児童期・思春期の困難へのCBT :ロールプレイ(その2)
  • 抑うつ
  • 思春期CLの抑うつへの対処(その2
  • 児童期・思春期の困難へのCBT
  • 児童期・思春期の困難へのCBT(その2
  • 認知行動療法って…
  • レベルアップしたい実践家のための・・・
  • 実践家のための認知行動療法テクニックガイド

講座の概要
教育相談・スクールカウンセリングに認知行動療法を活かす:いじめや不登校、衝動行為など児童期思春期のモンダイの理解と対応
学校の中で、教育相談(一般の教員・養護教諭として、を含む)やスクールカウンセラー等の活動をされておられる方、これらの役割・専門をめざし研修中の方を対象とします。認知行動療法や臨床行動分析アプローチの履修レベルとしては、初級から中級です。過剰な不安、情緒・気分不安定、いじめの加害(関与)と被害、それらと関連した集団不適応、回避傾向、自傷(抜毛、いわゆるリストカットなど)行為などへ改善、解消のきっかけづくりと実践上のコツを解説します。いわゆる「認知を変える」を基礎とする認知行動療法だけでなく、モンダイ行動の機能(function)を分析しそれに基づいた介入計画と現場での実践におけるコツまでを紹介していきます。担当講師は、行動変容にかかわるあらゆる行動科学原理の実践応用(「使える原理は何でも使う」)こそが、正統かつ実効ある認知行動療法であると考えております。また、もともと認知行動療法は、当事者とその身近な支援者との協働がすすめやすい介入ですが、今回は特に、普段から接している学校内のスタッフこそが、モンダイの理解、未然予防から初期対応、継続的支援に有利である、という視点を強調させていただきます。また、ツールやプログラムに頼りきるのではなく、発想を認知行動療法的にすることの有効性を、お伝えしたいと考えます。「教科書」や「専門書」で解説されている認知行動療法技法について、「現場では活用しにくいなあ」という困惑が、少しでも軽くなればと思っております。講義形式となりますが、一方向にならないやりとりをめざします。
関連資料
小坂井秀行・神村栄一「不登校支援の王道を極める7つの秘訣」(金剛出版「臨床心理学」2013/03/10号、281-288頁)
対象
初級~中級

社会人 8,000 円
学生 3,000 円
この講座はお得なセット講座がございます。
子どものCBT学習セット(2)

◆受講資格について◆
受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、薬剤師、教員免許、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、前記以外の医療系施設(病院・介護施設等)に勤務している方、東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中の方です。

*注意:本講座の内容を含む医学的な質問、または、講師への質問など、極めて専門的な内容であったり、講師個人しか答えられないようなご質問には事務局としてお答えすることは出来ません。予めご了承ください。

二次利用や複製の禁止
株式会社メディカル・アカデミーが運営するサイトでは、扱う全ての商品・画像・文章・動画・音声を、購入者である・なしに関わらず二次利用、複製、頒布、販売、公表、またはそれに準ずる行為を禁止します。予めご了承ください。

・メディカル・アカデミーでは、各地で行われている講座・ワークショップを配信致します。

・日本の認知療法・認知行動療法の第一人者が講師をつとめ、ワークショップ形式・講義形式いずれかの形式でおこなわれます。

・受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、教員免許保持者、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中か修了された方です。

・受講料は1講座毎に発生します。

関連講座

自閉症スペクトラム障がいに対する支援の実際
佐々木 和義 [ 早稲田大学人間科学学術院教授 ]
教育場面での心理的支援-発達障害-
佐々木 和義 [ 早稲田大学人間科学学術院教授 ]
人に優しい性悪説-少年非行と認知障害
藤川 洋子 [ 京都ノートルダム女子大学 心理臨床センター長 心理学部心理学科 教授 ]
学級で行う集団SST
佐藤 正二 [ 宮崎大学教育文化学部教授 ]
現代型うつ病とひきこもり
内田 千代子 [ 茨城大学保健管理センター助教授、精神科医 ]
子どものCBTを使いこなすために-ケース・フォーミュレーションを活用する-
下山 晴彦 [ 東京大学大学院教育学研究科 主任教授 ]
▲ページのトップへ