メディカル・アカデミーで配信予定・配信中の講座詳細

[155] もう一歩上の認知行動療法
藤澤 大介 (公演日:2015年 10月 25日 講演時間:135分)
メニュー
  • 01_もう一歩上の認知行動療法
  • 今日の進行
  • グループワーク:5分
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 認知と気分、行動の悪循環の1例
  • うつ症状と身体活動の循環モデル
  • 不安の認知モデル
  • 認知の2つのレベル
  • スキーマ
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 認知療法尺度Cognitive Therapy Scale (CTS/CTRS)
  • Scoring CTS
  • 演習① ビデオ
  • グループワーク
  • 受講者発表
  • 02_もう一歩上の認知行動療法
  • 精神療法の効果に占める治療的要素
  • 精神療法の共通治療的因子
  • 治療同盟をどのように形成していくか
  • 認知療法尺度Cognitive Therapy Scale (CTS/CTRS)
  • Feedback
  • Feedbackのポイント
  • 介入の実際
  • Understanding
  • Understandingのポイント
  • 介入の実際
  • Interpersonal Effectiveness
  • Interpersonal Effectivenessのポイント
  • 介入の実際
  • Collaboration
  • Collaborationのポイント
  • 介入の実際
  • 協同的(共同的)経験主義Collaborative Empiricism
  • ①どうしましたか?開かれた質問
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 認知療法・認知行動療法マニュアル(うつ病)
  • セッションの流れ
  • セッション導入時の3つの振り返り
  • アジェンダ設定時のポイント
  • アジェンダ設定について(agenda = 議題)
  • アジェンダについて話し合う
  • 問題が起きたとき!
  • ホームワークについて
  • セッション終了時のポイント
  • 認知療法尺度Cognitive Therapy Scale (CTS/CTRS)
  • Agenda Setting
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 03_もう一歩上の認知行動療法
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能 2
  • 症例の概念化-3つのレベル
  • 認知行動事療法例定式化ワークシート
  • 病歴聴取のポイント①
  • 演習② グループワーク
  • 表 出来事1
  • 表 患者さん名:Oさん (28歳女性)
  • 表 状況的な問題
  • 治療の目標
  • グループワーク
  • 04_もう一歩上の認知行動療法
  • グループワーク つづき 解説等
  • スキーマとは
  • 05_もう一歩上の認知行動療法
  • 治療プラン
  • 症例の概念化のポイント
  • 今日のまとめ
  • 認知行動療法の習熟レベル
  • 何を学ぶか ⇒ どう学ぶか⇒ どこまで学ぶか(学習目標)   (学習方法)   (評価)
  • Academy of Cognitive Therapy認定基準
  • 第16回日本認知療法学会

講座の概要
もう一歩上の認知行動療法
認知行動療法の基礎は勉強したけど治療で使うまで自信が持てない、または、認知行動療法を始めてみたものの教科書のようにはうまくいかず苦労している、といった方を想定したワークショップです。
・ケースの診たてと治療計画の立て方
・治療を上手に行う上でのポイント(認知行動療法尺度)
・具体例をもとにした、トラブル・シューティング
などから構成します。
“行動活性化に患者さんが乗ってくれない”、“コラム法をやっても「すっきり」しない”など、困ったケースを持ち寄っていただいても結構です。
 演習とQ&Aを中心とした、双方向的なワークショップとします。同日に開講する大野裕先生のセミナーから引き続いて受講するのも効果的でしょう。
参考文献
J.ベック「認知行動療法実践ガイド:基礎から応用まで(第2版)」伊藤絵美・神村栄一・藤澤大介訳(星和書店)
対象
初級および中級

社会人 8,000 円
学生 3,000 円
「東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー」講座ポイントは、1ポイントとなります。
講座に関しての注意事項
本講座には補助資料があります。
推薦文献、参考文献のご購入はコチラ

◆受講資格について◆
受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、薬剤師、教員免許、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、前記以外の医療系施設(病院・介護施設等)に勤務している方、東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中の方です。

*注意:本講座の内容を含む医学的な質問、または、講師への質問など、極めて専門的な内容であったり、講師個人しか答えられないようなご質問には事務局としてお答えすることは出来ません。予めご了承ください。

二次利用や複製の禁止
株式会社メディカル・アカデミーが運営するサイトでは、扱う全ての商品・画像・文章・動画・音声を、購入者である・なしに関わらず二次利用、複製、頒布、販売、公表、またはそれに準ずる行為を禁止します。予めご了承ください。

・メディカル・アカデミーでは、各地で行われている講座・ワークショップを配信致します。

・日本の認知療法・認知行動療法の第一人者が講師をつとめ、ワークショップ形式・講義形式いずれかの形式でおこなわれます。

・受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、教員免許保持者、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中か修了された方です。

・受講料は1講座毎に発生します。

▲ページのトップへ