• トップ
  • > 講座一覧
  • > 太田 晴久 先生 『成人期の発達障害の診断及び心理検査』

メディカル・アカデミーで配信予定・配信中の講座詳細

[161] 成人期の発達障害の診断及び心理検査
太田 晴久 (公演日:2016年 9月 19日 講演時間:114分)
メニュー
  • 01_成人期の発達障害の診断及び心理検査
  • 成人期の発達障害の診断及び心理検査
  • 第42回東京認知行動療法アカデミーワークショップCO I 開示 筆頭発表者名: 太田 晴久
  • アウトライン
  • 発達障害
  • 大人の発達障害とは?
  • 自閉症スペクトラム障害の主症状
  • 社会性の障害
  • 興味の限局性・常同性
  • 自験例 27歳 男性
  • 生育歴
  • ASDによる影響
  • ASDの優れた特徴
  • ASDの有病率
  • ADHDの主症状
  • 不注意
  • 多動・衝動性
  • 自験例 38歳 男性
  • 生育歴
  • ADHDによる影響
  • ADHDの優れた特徴
  • ADHD(成人期)の世界的有病率
  • 02_成人期の発達障害の診断及び心理検査
  • 発達障害の原因は?
  • 発達障害の遺伝性は?
  • よくあるケース(実際の例)
  • アウトライン
  • 発達障害の診断はどのように?
  • 子供時代の症状の確認方法
  • 実行機能の障害
  • 発達障害に伴いやすい他の特徴
  • ADHDとASDの併存
  • ASDとADHDの併存率
  • 烏山病院での検討(成人対象)
  • 自験例 23歳 男性
  • ASD症状? ADHD症状? (鑑別するには)
  • 鑑別を要する代表的な他の疾患
  • 発達障害の二次障害
  • 二次障害は環境要因だけが原因?
  • 03_成人期の発達障害の診断及び心理検査
  • 成人期ASDの併存障害
  • 成人期ADHDの併存障害1
  • ADHDと物質使用障害の併存
  • 成人発達障害の「診断方法」?現実の診療において?
  • 成人発達障害の告知
  • 発達障害の診断?最近の臨床現場における問題?
  • 04_成人期の発達障害の診断及び心理検査
  • アウトライン
  • AQ日本語版(ASD)
  • SCQ(ASD)
  • PARS(ASD)
  • ADOS-2(ASD)
  • ADI-R(ASD)
  • ASRS(ADHD)
  • CAARS(ADHD)
  • CAT(ADHD)
  • WAIS-Ⅲ(よくあるパターン)
  • *年齢、 性別に有意差なし
  • 「IQ・Index」
  • 言語性下位項目
  • 動作性下位項目
  • 視線計測装置(ASD)
  • 視線計測(成人ASD)「目より口元を見る」
  • Nakano et al: Proc.R.Soc.B.,2010
  • アウトライン
  • 烏山病院での発達障害の診療
  • 発達障害専門外来 患者統計
  • 発達障害外来に通院中の年齢(ASD)
  • 発達障害外来における初診での診断名 2008-2012 (N=1942)
  • 05_成人期の発達障害の診断及び心理検査
  • 専門プログラム①
  • 専門プログラム②
  • ASDプログラムの構成
  • 効果検証(ASDプログラム)
  • 就労群の転帰
  • 非就労群の転帰
  • ASD支援プログラムの標準化
  • 発達障害医療研究所(烏山病院内)
  • 共同研究拠点(文部科学省認可, H26年4月?)
  • 烏山病院での障害者雇用
  • ご清聴ありがとうございました

講座の概要
成人期の発達障害の診断及び心理検査
自閉症スペクトラム障害や注意欠如多動性障害を中心とする発達障害、特に成人例に対して、精神医療の現場だけでなく、社会的にも高い関心が示されている。これまでの精神医療において、成人期に発達障害の診断をする経験の蓄積が十分ではないため、過剰診断や過小診断に結びつきやすい。本講義においては、成人期の発達障害の症状の特徴や診断、および主要な心理検査について、特に自閉症スペクトラム障害に重点を置き概説する。
対象
指定なし

社会人 8,000 円
学生 3,000 円
「東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー」講座ポイントは、1ポイントとなります。

◆受講資格について◆
受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、薬剤師、教員免許、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、前記以外の医療系施設(病院・介護施設等)に勤務している方、東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中の方です。

*注意:本講座の内容を含む医学的な質問、または、講師への質問など、極めて専門的な内容であったり、講師個人しか答えられないようなご質問には事務局としてお答えすることは出来ません。予めご了承ください。

二次利用や複製の禁止
株式会社メディカル・アカデミーが運営するサイトでは、扱う全ての商品・画像・文章・動画・音声を、購入者である・なしに関わらず二次利用、複製、頒布、販売、公表、またはそれに準ずる行為を禁止します。予めご了承ください。

・メディカル・アカデミーでは、各地で行われている講座・ワークショップを配信致します。

・日本の認知療法・認知行動療法の第一人者が講師をつとめ、ワークショップ形式・講義形式いずれかの形式でおこなわれます。

・受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、教員免許保持者、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中か修了された方です。

・受講料は1講座毎に発生します。

▲ページのトップへ