• トップ
  • > 講座一覧
  • > 鈴木 伸一 先生 『公認心理師に備える認知行動療法:不安症の認知行動療法』

メディカル・アカデミーで配信予定・配信中の講座詳細

[162] 公認心理師に備える認知行動療法:不安症の認知行動療法
鈴木 伸一 (公演日:2017年 1月 22日 講演時間:120分)
メニュー
  • 01_公認心理師に備える認知行動療法:不安症の認知行動療法
  • 公認心理師に備える認知行動療法不安症の認知行動療法
  • 公認心理士法 施行スケジュール(想定)
  • 社交不安障害・パニック障害、強迫性障害、PTSDへの認知療法・認知行動療法
  • 日本不安症学会
  • 認知行動療法ってどんな心理療法?( 特 徴 )
  • 認知行動療法の構成要素(1)
  • 02_公認心理師に備える認知行動療法:不安症の認知行動療法
  • ケースフォーミュレーションのポイント
  • 不安・恐怖の形成と維持の認知行動的メカニズム
  • 生活場面で生じている具体的な問題に焦点をあてる
  • 問題は,日常生活の細部に宿る
  • 機能分析的アセスメント(事象レベル)
  • 機能分析的アセスメント(メタレベル)
  • 03_公認心理師に備える認知行動療法:不安症の認知行動療法
  • 問題解決に向けた具体的戦略を立てる
  • 当面の問題に,効果的に対処できるように援助する
  • 問題の維持に関連する悪循環に着目する
  • 問題理解の2つの視点
  • 新しい経験を通して,新しい行動や思考を獲得をしていくことが問題の改善につながる
  • ケースフォーミュレーションのプロセス
  • 04_公認心理師に備える認知行動療法:不安症の認知行動療法
  • 特に不安症のアセスメントで気を付けたいポイント
  • 不安症のCBTでおさえておきたいポイント(アセスメント編)
  • 不安症および不安関連障害の介入プロトコル
  • パニック症のCBTマニュアル
  • 社交不安症のCBTマニュアル
  • 強迫症のCBTマニュアル
  • 心的外傷後ストレス障害のCBTマニュアル
  • 不安症のCBTでおさえておきたいポイント(介入編)
  • 05_公認心理師に備える認知行動療法:不安症の認知行動療法
  • 不安症のCBTでおさえておきたいポイント(介入編)
  • エクスポージャー法のポイント
  • 図(グラフ)
  • エクスポージャーの反復効果
  • 不安階層表の仕組み
  • エクスポージャーを効果的に行うコツ
  • エクスポージャーを効果的に行うコツ つづき
  • エクスポージャーの トラブルシューティング
  • 恐れている「場所」や「もの」に曝すことがエクスポージャーではない
  • よくある誤解
  • いかに「想定の範囲」という予測感を持たせることができるかが勝負
  • 内部感覚の詳細アセスメントとその推移に着目させたセルフモニタリング
  • 認知再構成法のポイント
  • ひとは  「気のせいだよ」, 「考えすぎだよ」  と言うけれど・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 認知再構成法の認知行動療法における「表面的な」原理
  • 悪循環から考える-1
  • 悪循環から考える-2
  • 随伴性知覚の障害
  • 認知再構成の流れ 随伴性知覚の再獲得に向けて
  • 認知再構成法の トラブルシューティング
  • ネガティブな認知を減らそうという発想から脱却する
  • ネガティブな認知を減らそうという発想から脱却する つづき
  • 書籍紹介

講座の概要
公認心理師に備える認知行動療法:不安症の認知行動療法
認知行動療法は,医療保健,産業,教育,福祉,司法などのさまざまな分野で活用され成果を上げている.また,2016年度にはうつ病の認知行動療法に加えて,不安症およびその関連障害の認知行動療法(パニック症,社交不安症,強迫症,PTSD)も保険診療化され,さらに今後の発展が期待される.また,公認心理師法が成立し,2018年から公認心理師がさまざまな現場で活躍するようになるが,国家資格となったことで,これまで以上にセラピーの質保証と説明責任が求められる時代になったといえよう.
 そこで,本ワークショップでは,不安症への認知行動療法の背景理論や基本技法を紹介するとともに,不安症の臨床において認知行動療法を有効に活用するためのポイントを実践例を交えながら紹介する予定である.
対象
指定なし

社会人 8,000 円
学生 3,000 円
「東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー」講座ポイントは、1ポイントとなります。

◆受講資格について◆
受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、薬剤師、教員免許、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、前記以外の医療系施設(病院・介護施設等)に勤務している方、東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中の方です。

*注意:本講座の内容を含む医学的な質問、または、講師への質問など、極めて専門的な内容であったり、講師個人しか答えられないようなご質問には事務局としてお答えすることは出来ません。予めご了承ください。

二次利用や複製の禁止
株式会社メディカル・アカデミーが運営するサイトでは、扱う全ての商品・画像・文章・動画・音声を、購入者である・なしに関わらず二次利用、複製、頒布、販売、公表、またはそれに準ずる行為を禁止します。予めご了承ください。

・メディカル・アカデミーでは、各地で行われている講座・ワークショップを配信致します。

・日本の認知療法・認知行動療法の第一人者が講師をつとめ、ワークショップ形式・講義形式いずれかの形式でおこなわれます。

・受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、教員免許保持者、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中か修了された方です。

・受講料は1講座毎に発生します。

▲ページのトップへ