• トップ
  • > 講座一覧
  • > 藤澤 大介 先生 『うつ病の認知療法(2010年4月から保険適用される治療マニュアルについて)』

メディカル・アカデミーで配信予定・配信中の講座詳細

[29] うつ病の認知療法(2010年4月から保険適用される治療マニュアルについて)
藤澤 大介 (公演日:非公開 講演時間:80分)
メニュー
  • うつ病の認知行動療法- マニュアルと実践のコツ -
  • 認知療法の実際
  • 治療全体の流れ
  • マニュアルの進行
  • 1セッションの流れ
  • 簡易うつ症状尺度 Quick Inventory of Depressive Symptomatology ?self rate(QIDS-SR)
  • アジェンダ設定(agenda = 議題)
  • 治療全体の流れ
  • 2.1 第1ステージのアジェンダ
  • 病歴の聴取のポイント①
  • 病歴聴取のポイント②
  • 参考)認知行動療法の導入のポイント
  • 問題点の整理
  • うつ病の心理教育
  • ホームワークを出す
  • うつ的な行動
  • 行動活性化の理論的背景
  • 活動記録表
  • 治療全体の流れ
  • 第2ステージの目標
  • 治療目標を設定する
  • とりあつかえる治療目標
  • 治療の方向づけ
  • 認知療法の全体構造
  • 症例概念化フローチャート
  • 治療全体の流れ
  • 3つのコラム
  • 自動思考を明らかにする
  • 自動思考を見つける聞き方の例
  • なかなか自動思考が出ない時は
  • 3つのコラムのポイント
  • 治療全体の流れ
  • 第4ステージ
  • 適応的思考を導く
  • 治療全体の流れ
  • 第5ステージ
  • スキーマとは・・・
  • スキーマとは②
  • スキーマが自動思考を作る
  • スキーマの3領域
  • スキーマを同定する方法①
  • スキーマを同定する方法②生活史をふりかえる
  • “心の法則”リストを作りましょう
  • “心の法則”リスト の例
  • 治療全体の流れ
  • アジェンダ:終結と再発予防①
  • アジェンダ:終結と再発予防②
  • アジェンダ:終結と再発予防③
  • アジェンダ:終結と再発予防④
  • アジェンダ:終結と再発予防⑤
  • 問題解決モジュール
  • 問題解決の構成要素
  • 1.問題解決志向
  • 自己教示法
  • 2.問題の明確化と設定
  • 3.解決策を案出する~ブレイン・ストーミング~
  • 4.解決策を決定する
  • 5.行動計画の立案・行動リハーサル
  • 6.解決策の実行 / 7.効果の評価
  • 問題解決のコツ
  • 対人関係を改善するモジュール
  • 対人関係の法則(Kieslerの対人円環)
  • アサーショントレーニング
  • 留意点

講座の概要
「うつ病の認知療法(2010年4月から保険適用される治療マニュアルについて)」
2010年04月から保険適用になる治療マニュアルについて講義されたものです。

社会人 8,000 円
学生 3,000 円
本講座は、「東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー」講座ポイントの対象外となります。

◆受講資格について◆
受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、薬剤師、教員免許、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、前記以外の医療系施設(病院・介護施設等)に勤務している方、東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中の方です。

*注意:本講座の内容を含む医学的な質問、または、講師への質問など、極めて専門的な内容であったり、講師個人しか答えられないようなご質問には事務局としてお答えすることは出来ません。予めご了承ください。

二次利用や複製の禁止
株式会社メディカル・アカデミーが運営するサイトでは、扱う全ての商品・画像・文章・動画・音声を、購入者である・なしに関わらず二次利用、複製、頒布、販売、公表、またはそれに準ずる行為を禁止します。予めご了承ください。

・メディカル・アカデミーでは、各地で行われている講座・ワークショップを配信致します。

・日本の認知療法・認知行動療法の第一人者が講師をつとめ、ワークショップ形式・講義形式いずれかの形式でおこなわれます。

・受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、教員免許保持者、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中か修了された方です。

・受講料は1講座毎に発生します。

関連講座

うつ病の認知行動療法-厚生労働省治療マニュアルをもとに-
藤澤 大介 [ 慶應義塾大学医学部精神神経科 緩和ケアセンター 専任講師 ]
うつ病の認知療法・認知行動療法マニュアルガイド
大野 裕 [ 一般社団法人認知行動療法研修開発センター 理事長/ストレスマネジメントネットワーク(株)代表/ ]
▲ページのトップへ