• トップ
  • > 講座一覧
  • > 坂野 雄二 先生 『認知行動療法の基礎 その歴史的発展と発想』

メディカル・アカデミーで配信予定・配信中の講座詳細

[90] 認知行動療法の基礎 その歴史的発展と発想
坂野 雄二 (公演日:2011年 11月 19日 講演時間:77分)
メニュー
  • 新規ラベル
  • 今日の話題
  • ジグムント・フロイト
  • 行動科学・行動理論の黎明 イアン・P・パブロフ
  • ジョン・B・ワトソン
  • サイコセラピーの化学科 ニール・E・ミラー
  • 行動療法の発展 ハンス・J・アイゼンク
  • サイコセラピーに科学としての信頼性はあるか?
  • 行動科学・行動理論の発展 バーラス・F・スキナー
  • 実証的で論理的に演繹されたサイコセラピーの確立 ジョセフ・ウォルピ
  • 古典的心理モデル
  • 行動療法の我が国への導入 内山喜久雄
  • 梅津耕作
  • 認知療法の誕生 アーロン・T・ベック
  • 論理両方の誕生 アルバート・エリス
  • 認知行動療法の基礎 その歴史的発展と発想
  • 認知行動療法
  • 行動理論の新発展:認知理論の台頭 アルバート・バンデューラ
  • 行動理論の新展開:学習性無力感理論、ポジティブサイコロジーの発展
  • 行動理論の新展開:ストレス理論の発展
  • 認知行動療法第2世代・第3世代・・・への継承と発展
  • 今日の話題
  • 認知行動療法
  • 認知行動療法 精神力動モデルから Bio-psycho-social モデルへの転換
  • 古典的心理モデルにさよならしよう.
  • 認知行動療法 共通した基礎理論
  • 共通した基礎理論と個別の疾患モデル
  • 認知行動療法 個別の疾患モデル
  • 個別の疾患モデル(例) パニック障害の認知モデル
  • 個別の疾患モデル(例) SADの認知モデル
  • 個別の疾患モデル(例) 慢性の痛みの認知行動モデル
  • 個別の疾患モデル(例) アトピー性皮膚炎の認知行動モデル
  • 認知行動療法 問題の理解 → case formulation → 治療計画 → 介入 → 治療評価  に至る一連の作業
  • 睡眠障害の機能分析(岡島,2010)
  • 認知行動療法 問題の解決からセルフコントロールへ
  • 認知行動療法 Evidence-based
  • 認知行動療法 Tailor-made
  • 認知行動療法
  • 今日の話題
  • 其の1
  • 心に問題がある
  • 生活を見直してみよう
  • 主観的訴えは外から見えない
  • 認知行動療法の着眼点 行動に着目する.
  • 其の2
  • 大好きなジュースを飲もうとしていたら
  • 認知行動療法の着眼点 患者さんの考え方の特徴に着目する.
  • 其の3
  • 認知行動療法の着眼点 患者さんの経験の内容に着目する.
  • 認知行動療法の基礎 その歴史的発展と発想
  • 其の4
  • うつ病患者さんと治療者との対話
  • 認知行動療法の着眼点 問題の適切な理解が大切。
  • 其の5
  • 留意点
  • 留意点 目標を具体的な行動に置き換える
  • 問題解決の着眼点
  • 悪い点をなくす発想ではなく,良いところを積極的に増やしていこう.
  • 認知行動療法の着眼点 新しい習慣形成の原理を理解しよう。
  • 其の6
  • 人生は問題だらけ・・・・?
  • 問題解決
  • 問題解決の目標
  • 健康な考え方
  • 解決策を探すときのコツ
  • 問題解決のヒント
  • 認知行動療法の着眼点 問題解決の発想を身につけよう。
  • CBTを学ぶ前に
  • まとめ
  • 久保木先生との対談

講座の概要

社会人 8,000 円
学生 3,000 円
この講座はお得なセット講座がございます。
現役臨床心理士のおすすめセット
この講座は、サミット講座になります。
講座に関しての注意事項
本講座には久保木富房先生との対談映像が含まれます。

◆受講資格について◆
受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、薬剤師、教員免許、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、前記以外の医療系施設(病院・介護施設等)に勤務している方、東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中の方です。

*注意:本講座の内容を含む医学的な質問、または、講師への質問など、極めて専門的な内容であったり、講師個人しか答えられないようなご質問には事務局としてお答えすることは出来ません。予めご了承ください。

二次利用や複製の禁止
株式会社メディカル・アカデミーが運営するサイトでは、扱う全ての商品・画像・文章・動画・音声を、購入者である・なしに関わらず二次利用、複製、頒布、販売、公表、またはそれに準ずる行為を禁止します。予めご了承ください。

・メディカル・アカデミーでは、各地で行われている講座・ワークショップを配信致します。

・日本の認知療法・認知行動療法の第一人者が講師をつとめ、ワークショップ形式・講義形式いずれかの形式でおこなわれます。

・受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、教員免許保持者、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、心理学系の学部を卒業された方、心理系の大学院に在学中か修了された方です。

・受講料は1講座毎に発生します。

関連講座

EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)の基礎と臨床
市井 雅哉 [ 兵庫教育大学大学院 発達心理臨床研究センター 教授 ]
SSTの基礎
丹羽 真一 [ 福島県立医科大学 医学部 神経精神医学講座 教授 ]
臨床研究・治験に関わる臨床心理士のための基礎講座 -臨床研究・治験の科学性・倫理性とCRCの役割-
玉浦 明美 [ (独)国立精神・神経医療研究センター 治験管理室 治験管理係長 看護師長 ]
認知行動療法を学ぶ:発展の歴史を振り返る中から認知行動療法の着眼点を学ぼう
坂野 雄二 [ 北海道医療大学心理科学部 教授 ]
感情調節が困難な患者さんにCBTを導入するコツ
坂野 雄二 [ 北海道医療大学心理科学部 教授 ]
パニック障害の認知行動療法
坂野 雄二 [ 北海道医療大学心理科学部 教授 ]
▲ページのトップへ