メニュー
  • 実習、ロールプレイなどを含みます。
  • 東京認知行動療法アカデミーにて、『-0から始める認知行動療法- 不安障害 「パニック障害の個人認知行動療法(その1)」』として行われた講座です。
  • 一般向け講座のため「東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー」講座ポイントの対象外となります。
  • ごく一部に、音声ノイズや音量の変化があります。予めご了承ください。
  • パニック障害の個人認知行動療法
  • 症例 A子さん(20歳台、女性)
  • ロールプレイ
  • パニック障害のCBTのセッション例
  • 認知行動療法の時間的流れ
  • CBTを始める前に、アセスメント
  • DSM-IVによる
  • 「パニック発作」の診断13個の症状
  • 症例 A子さん(20歳台、女性)
  • II:パニック障害の診断
  • III:広場恐怖 Agoraphobia の診断
  • PDSS : Panic Disorder Severity Scale (Shear MK et al. 1997)我々が独自に日本語訳したもの(7項目、各0点から4点で高いほど重症、平均点で評価)
  • パニック障害の評価
  • 有効性の検証
  • パニック障害の大規模無作為割付試験: 認知行動療法(CBT)か?薬物療法(イミプラミン:IMP) か?
  • パニック障害のグループ認知行動療法(千葉大)治療反応率 43.3%(39人/90人)total
  • ライフチャート
  • 「魔法の杖の質問」
  • パニック障害の診断・アセスメントのまとめ
  • セッション(0)
  • セッション0-A
  • パニック障害の疫学(米国NIMHのWebから)
  • セッション0-B
  • リラクセーション法
  • 恐怖の対象を見て、それが何か理解する前に、体が反応する(身がすくみ、胸が高鳴る)(視覚ルートの新しい知見)
  •   視神経⇒大脳皮質(後頭葉)
  • ○視神経⇒扁桃体へのルート
  • 目前にある恐怖に対する反応
  • CBTの初学者ならば
  • 心理教育としての段階的曝露療法
  • 曝露療法(1)広場恐怖編
  • 広場恐怖とは?
  • 広場恐怖に対する曝露療法
  • 第0段:曝露療法の原理
  • 第1段:症状を具体的な目標に変換(やる気の出る最終目標をたてる)
  • 第2段:不安(曝露)階層表をつくる
  • 第3段:具体的な練習課題をつくる
  • 第4段:課題に取り組む
  • 第5段:結果を評価(プラスに)
  • 現実曝露の一例
  • セッション0-C
  • 心理教育での導入
  • ホームワーク
  • 第1セッション(認知行動モデルの作製)
  • 質疑応答
  • 第1セッション(認知行動モデルの作製)
  • 図1
  • 図2
  • ホームワーク
  • パニック日記の例
  • (第2セッション)安全行動に気づく(Discussion話し合いによる思考実験)
  • ロールプレイ
  • 質疑応答
  • 安全を求める行動
  • 安全行動のメタファー
  • ホームワーク
  • スライドはありません。
  • 第3セッション(イメージ)の目的意識
  • イメージの再構成
  • イメージの再構成(続き)例:過呼吸で失神するイメージ
  • ホームワーク
  • 第4セッション(注意)の目的意識
  • (4)注意トレーニングShifting Practice
  • 注意トレーニング:内部身体感覚への過剰警戒
  • ホームワーク
  • 第5セッション(実験)の目的意識
  • (5)行動実験
  • (5)行動実験:その2
  • 図1
  • 図2
  • 図3
  • 図4
  • 図5
  • 息苦しさ(呼吸)
  • 胸のどきどき(心拍)
  • 呼吸は、自分の意志でコントロールできる部分もある
  • 過呼吸(過換気)症候群は、パニック障害と密接に関連。
  • 過呼吸(あるいは過換気)って何?
  • 過呼吸の行動実験
  • 身近な道具で、息苦しさを体験しましょう
  • 息苦しさ(呼吸)
  • 胸のどきどき(心拍)
  • スポーツ・ジムへ行って、胸のどきどきを体験しましょう
  • 安上がりで経験できる胸のどきどき
  • 質疑応答
  • 質疑応答
  • 実習説明
  • 実習中
  • 実習終了
  • ロールプレイ 説明
  • ロールプレイ中
  • ロールプレイ終了
  • 質疑応答
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ