メニュー
  • 01_もう一歩上の認知行動療法
  • 今日の進行
  • グループワーク:5分
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 認知と気分、行動の悪循環の1例
  • うつ症状と身体活動の循環モデル
  • 不安の認知モデル
  • 認知の2つのレベル
  • スキーマ
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 認知療法尺度Cognitive Therapy Scale (CTS/CTRS)
  • Scoring CTS
  • 演習① ビデオ
  • グループワーク
  • 受講者発表
  • 02_もう一歩上の認知行動療法
  • 精神療法の効果に占める治療的要素
  • 精神療法の共通治療的因子
  • 治療同盟をどのように形成していくか
  • 認知療法尺度Cognitive Therapy Scale (CTS/CTRS)
  • Feedback
  • Feedbackのポイント
  • 介入の実際
  • Understanding
  • Understandingのポイント
  • 介入の実際
  • Interpersonal Effectiveness
  • Interpersonal Effectivenessのポイント
  • 介入の実際
  • Collaboration
  • Collaborationのポイント
  • 介入の実際
  • 協同的(共同的)経験主義Collaborative Empiricism
  • ①どうしましたか?開かれた質問
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 認知療法・認知行動療法マニュアル(うつ病)
  • セッションの流れ
  • セッション導入時の3つの振り返り
  • アジェンダ設定時のポイント
  • アジェンダ設定について(agenda = 議題)
  • アジェンダについて話し合う
  • 問題が起きたとき!
  • ホームワークについて
  • セッション終了時のポイント
  • 認知療法尺度Cognitive Therapy Scale (CTS/CTRS)
  • Agenda Setting
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 03_もう一歩上の認知行動療法
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能
  • 認知療法セラピストに必要な知識と技能 2
  • 症例の概念化-3つのレベル
  • 認知行動事療法例定式化ワークシート
  • 病歴聴取のポイント①
  • 演習② グループワーク
  • 表 出来事1
  • 表 患者さん名:Oさん (28歳女性)
  • 表 状況的な問題
  • 治療の目標
  • グループワーク
  • 04_もう一歩上の認知行動療法
  • グループワーク つづき 解説等
  • スキーマとは
  • 05_もう一歩上の認知行動療法
  • 治療プラン
  • 症例の概念化のポイント
  • 今日のまとめ
  • 認知行動療法の習熟レベル
  • 何を学ぶか ⇒ どう学ぶか⇒ どこまで学ぶか(学習目標)   (学習方法)   (評価)
  • Academy of Cognitive Therapy認定基準
  • 第16回日本認知療法学会
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ