メニュー
  • 01_ACTにおけるマインドフルネスの活用
  • ACTにおけるマインドフルネスの活用
  • マインドフルネスとは
  • 目を覚まし、瞬間瞬間の自分に戻ること
  • マインドフルネス瞑想の実践法
  • 02_ACTにおけるマインドフルネスの活用
  • マインドフルネス瞑想の構成要素
  • 思考や感情に巻き込まれる
  • ACTモデルで見るマインドレスな状態
  • ACTモデルで見るマインドフルな状態
  • ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)
  • 03_ACTにおけるマインドフルネスの活用
  • ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)
  • アクセプタンス=ゲーティング機能
  • 脱フュージョン=距離をおく
  • 自由連想タスク-思考を見ること-
  • 観察者としての自己と脱フュージョン
  • 「流れに漂う葉っぱ」のエクササイズ-思考から見ることと、思考を見ること-
  • 文脈としての自己=注意を無数に分割する
  • 「足を意識して、文章を読む」エクササイズ-注意の分割=文脈としての自己による「現実」の知覚-
  • 注意訓練は、両方の自己の強化に役立つ-外的な中性刺激を使った模擬訓練-
  • 04_ACTにおけるマインドフルネスの活用
  • マインドフルネスのルーツ
  • 気づきの3つの前線による本丸の守り
  • マインドフルネスの戦略
  • ACTの方法=3つの反応スタイルへ
  • 価値の明確化とコミットメント
  • 機能分析による表現
  • まとめ
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ