メニュー
  • 01_個人の上手なストレス対処法とカウンセリングマインドに満ちた快適職場の実現方法
  • 個人の上手なストレス対処法とカウンセリングマインドに満ちた快適職場の実現方法
  • ストレスについて少し復習
  • 医学的ストレス研究と心理学的ストレス研究
  • 快ストレスと不快ストレス
  • 図1 Spielbergerの状態不安・特性不安モデル
  • 図2 Folkman & Lazarusのモデル
  • 図3 対処資源がストレスフルなライフイベントへの反応に影響する経路
  • 図4 ベックの認知療法の認知行動モデル
  • 図5 NIOSH(National Institute of Occupational Safety and Health)の職業性ストレスモデル
  • 職業性ストレス簡易調査票(東京医科大学衛生学公衆衛生学 下光輝一先生のグループが作成)
  • ストレス要因あなたの仕事についてうかがいます。
  • ストレス反応最近1か月間のあなたの状態についてうかがいます。
  • 周囲の支援あなたの周りの方々についてうかがいます。
  • 満足度について
  • 厚生労働省のメンタルヘルス対策
  • 4つのメンタルヘルスケアの推進
  • 4つのメンタルヘルスケアを個人の対処行動として見ると
  • セルフケアの気分転換をはかる(スポーツ、カラオケ、旅行、考え方のクセを直す等)から
  • リラクセーション法を実施する(ゆっくり風呂に入る、好きな音楽を聴く、自然の中でくつろぐ、自律訓練法、漸進的筋弛緩法、呼吸法など)
  • 02_個人の上手なストレス対処法とカウンセリングマインドに満ちた快適職場の実現方法
  • 自律訓練法の公式(標準練習)
  • 自律訓練法(ヘッドレストのない椅子姿勢)
  • 自律訓練法実施中の生理反応の変化
  • 漸進的筋弛緩法 簡易法が広く用いられている
  • 呼吸法
  • 呼吸法実施時の心拍、末梢皮膚温、SCL、呼吸
  • 瞑想法やマインドフルネス
  • 自己主張訓練
  • 問題解決療法
  • 保健室で産業保健師や産業医に相談したり、社内カウンセリングルームで心理相談員にカウンセリングを受ける。
  • 03_個人の上手なストレス対処法とカウンセリングマインドに満ちた快適職場の実現方法
  • 専門家の力を借りる(EAP,精神科や心療内科、地域産業保健総合支援センター、労働基準監督署や裁判所及びADR認証を受けた民間機関等)
  • カウンセリングマインドに満ちた快適職場の実現方法
  • ラインによるケア促進に欠かせない管理職教育
  • 「労働者の心の健康の保持増進のための指針」で必要とされている、管理監督者に対する研修項目
  • 職業性ストレス簡易調査票の活用事例編 では、職場へのアプローチとしては1000人規模の機械製造業の会社の例が示されています
  • 例1:話し合いの場を設けてストレス度が軽減した B 職場
  • 所属長の仕事への取り組みの変化によってストレス度が軽減した C 職場
  • JAICOという産業カウンセラー協会の雑誌の2015年12月号「この企業に聞け」というシリーズの第1回
  • 同年同月号の中部支部からの報告では、「モチベーションが生まれる組織づくり」の講座について報告されており。
  • IPI技法とは
  • また、メンタルヘルス研修で構成的エンカウンターのような課題を出している会社も多いらしい
  • 考え方のクセを直す(認知変容)の簡単な方法
  • 各種の本で紹介されている認知変容法
  • 出来事(Activating Event:A)
  • 不合理な信念(Irrational Belief:B)
  • 結果(Consequence:C)
  • この係長になったつもりで、MIBTをつけてみましょう
  • 採点シート
  • 04_個人の上手なストレス対処法とカウンセリングマインドに満ちた快適職場の実現方法
  • *結果と考察
  • 論駁(Dispute:D)
  • 論駁(Dispute:D) 2
  • つづき
  • 効果(Effect:E)
  • ABCDE理論
  • 部下に言うことを聞かせられないのは、自分の力量不足だ。
  • 不合理な信念のカードを使った変容の仕方
  • つづき
  • つづき
  • つづき
  • つづき
  • そう考えて損すること
  • このように、「部下にいうことを聞かせられないのは・・・
  • 合理的な信念
  • それでは、「部下にいうことを聞かせられないのは・・・
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ