メニュー
  • 子どものCBTを使いこなすために ケース・フォーミュレーションを活用する
  • 1.CBTとは何か
  • 認知行動療法の特徴
  • 2.子どもCBTとは
  • 子ども/若者の認知行動療法とは
  • 子ども/若者の認知に介入する
  • 認知的介入の方法
  • 子どもCBTを適用するために
  • 子どもCBTを実行するために
  • 子ども/若者に適用するための工夫
  • 親の協力を得る
  • 子どもと若者の認知行動療法の現在
  • 3.認知モデル
  • 認知のレベル
  • 認知の偏り
  • 不安障害
  • 強迫性障害
  • 攻撃的な子ども
  • 抑うつ
  • 4.ケース・フォーミュレーション
  • CBT実施手順
  • フォーミュレーション
  • 2010/10/9
  • 問題のフォーミュレーションと心理教育
  • フォーミュレーションの種類
  • ミニ・フォーミュレーション
  • 2010/10/9
  • 2010/10/9
  • あなたは、気持ちをどのように表しますか
  • 認知フォーミュレーション
  • 考え太君ー気分ちゃんーやるよちゃん
  • やるよちゃんは、教室に入れません
  • やるよちゃんを理解するためのABCモデル
  • 維持に関するフォーミュレーション
  • 発現に関するフォーミュレーション
  • 問題のフォーミュレーション
  • 5.ケース・フォーミュレーションの実際
  • 分離不安の少年A:7歳
  • パニックと確認強迫を示すジェームズ
  • 続き1(ジェームス12歳)
  • 続き2(ジェームス12歳)
  • 質疑応答
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ