メニュー
  • 神経性過食症と認知行動療法大阪市立大学大学院医学研究科神経精神医学切池信夫(平成22年7月4日)
  • 総論
  • ANの経過による診断の変化
  • ぶり(鰤)
  • 摂食障害固有の中核の精神病理
  • 中核の精神病理から生じるもの
  • 体重や体形、これらへのコントロールについての過大評価
  • 摂食障害に対する認知行動療法(CBT-E)
  • ステ-ジ1:治療に導入、定式化の作成、教育、
  • 戦略と手順を効果的にするために
  • CBT-E実践における5つの注意
  • CBT-Eの適応と禁忌
  • 初回の評価面接
  • 初回面接のテ-マ
  • 初回の面接に先駆けて、以下の2つを行う。
  • 2回目の診察時に初回明らかになっていなかった重要な情報を得る。
  • 初回のセッション(2回目の面接)
  • 治療への取り組みと変化の見込み
  • あなたが主人公
  • 精神病理の性質と重症度の評価
  • 自分の体重と外観で気分が悪い
  • 定式化の目的
  • 治療の性格と実施法
  • セッションの概要
  • セッションでの治療構造
  • (共同)体重測定
  • 記録の吟味
  • 得られた情報の評価
  • 課題の設定
  • 治療に対する態度
  • 体重や体形、これらへのコントロールについての過大評価
  • 体重変動の解釈と教育
  • 健康な体重
  • 宿題を確認し、セツションをまとめ次の予約を入れる
  • セッション2-7(ステ-ジ1後半)の治療構造
  • 治療目標
  • 食行動問題についての教育
  • 規則正しい食生活の確立
  • 規則正しい食生活を確立するための指針
  • 計画した食事とおやつの間に食べないようにするために
  • 食習慣が無秩序で摂食制限の厳しい患者に対して
  • 規則正しい食生活の配布資料
  • 食生活への対処
  • 排出行動への対処
  • 排出行動から得ているもの
  • 満腹感への対処
  • 低体重への対処
  • 過剰運動とは
  • 過剰運動への対処
  • 重要な他者の関与させる時の指標と利点
  • セッション8(ステ-ジ2)
  • 進展を吟味
  • 変化への障害を見つける摂食障害自体によるものと、一般的なものと分ける。
  • よくある変化への障害
  • 定式化の見直し
  • ステ-ジ3(セッション7~17)を計画
  • 食行動異常の主な維持過程
  • 維持過程の取り組みの選択
  • 体重や体形、これらへのコントロ-ルの過大評価(中核の精神病理)
  • 過大評価とそれから派生したものを同定
  • 宿題
  • 人を評価するのに、体重と外見、そしてそれをコントロールする能力で判断するのは問題。
  • 体重や体形、これらのコントロ-ルの過大評価に立ち向かう計画の立案
  • 自己評価において他領域の重要性を強化
  • 体形確認と忌避への対処
  • 体形確認の質問
  • 尋ねる時の注意点
  • 体形確認への対処
  • 鏡使用への対処
  • 鏡の使い方を明らかにする
  • 鏡に映っているものの解釈
  • 他人との比較の問題点
  • 他人との比較への対処
  • 他人との比較の対処
  • 体形忌避への対処
  • 肥満感
  • 肥満感への対処
  • 5.肥満感への対処訓練
  • 過大評価の原因を突き止める
  • 歴史的回顧の効果
  • 摂食障害の思考態度
  • 思考態度(mindset)の特徴
  • 摂食障害の思考態度とDVDの喩え
  • “摂食障害のDVD”を入れるどうかは自分で決定
  • 思考態度を再生させる契機の同定
  • 思考態度の除去
  • 摂食抑制への対処
  • ダイエットの種類が摂食障害の維持に中心的な役割を担っている。
  • 摂食抑制と食事規則に対する教育
  • 食事規則の確認と対処
  • 食物忌避
  • その他の食事規則
  • 食べ過ぎコントロールへの過大評価
  • 食べ過ぎコントロールへの過大評価の対処
  • 出来事、気分、食行動
  • 出来事に関連した食行動変化への対処
  • 問題解決法
  • 出来事に関連した食行動変化への対処
  • 過食分析
  • 気分に関連した食行動の変化に対する対処
  • 気分不耐性と過食
  • 4. 気分変化とそれに続く急速(数秒以内)な
  • 5. 非機能的な気分調節行動の開始
  • 気分不耐性に対する対処法
  • 気分不耐性に対する対処法
  • ステ-ジ4
  • 治療終結の心配への対処
  • 進歩の維持
  • 短期維持療法計画
  • その他の体重コントロール法
  • 実現可能性を重視し、過剰な負担にならない。
  • 再発の予防(ステ-ジ4)
  • 長期維持計画のための定型書式
  • 症状再現の“初期警告サイン”
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ