メニュー
  • IPT
  • 気分障害へのIPTの適用
  • IPTの適用(うつ病・対象外)
  • IPTが特に向いている対象
  • IPTの新たな形
  • IPTのエビデンス・データ
  • 寛解維持に対する効果
  • IPTの特徴:現在進行中の対人関係と症状の関連づけ
  • IPTによって
  • IPTの特徴:技法ではなく戦略
  • 病者の役割 Parsons(1951)
  • 病者の役割 Parsons(1951)
  • IPTの特徴:技法ではなく戦略
  • 患者の役割 Parsons(1951)
  • うつ病患者が「病者の役割」を引き受けにくいことも認める
  • IPTの特徴: 技法ではなく戦略
  • IPTの特徴:期間限定
  • IPT の概要 うつ病に対する急性期治療
  • IPTの特徴:焦点化
  • IPTの特徴:パーソナリティーは認識するが治療焦点とはしない
  • CBTとの違い
  • CBTとの違い
  • IPTにおける治療者の役割
  • 評価を下さない無条件の肯定的関心
  • 初期に行うこと
  • 例1
  • 例2
  • 親しさサークル(思春期)
  • 初期に行うこと
  • グラフ
  • 初期に行うこと
  • 中期のセッション
  • 対人関係の問題領域:悲哀 Grief
  • 対人関係上の役割をめぐる不和Interpersonal Role Dispute
  • 夫の話が不十分だった患者
  • 改善のとる形
  • 行き詰まり→再交渉へ
  • 詳細な調査→選択肢の検討→練習
  • コミュニケーション分析
  • コミュニケーション分析 問題のあるコミュニケーションパターン
  • コミュニケーション分析
  • 役割の変化 Role Transitions
  • 役割の変化への対応を困難にすること
  • 対人関係フォーミュレーション
  • 治療契約
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ