メニュー
  • 統合失調症の治療と認知機能
  • 統合失調症とは
  • クレペリン ブロイラー
  • DSM-Ⅳ
  • 疫学
  • 症状の分析
  • 症状の構造分析
  • 三症候モデルと局所脳血流異常の関係
  • Lindenmayer ら (1994) による5因子
  • 統合失調症の経過
  • 統合失調症の自然経過
  • 統合失調症の経過分類
  • 統合失調症の場合の疾病障害
  • 機能・形態障害
  • PETによる健常者と統合失調症の脳局所糖代謝のパターン
  • 心理機能の障害ー認知機能障害
  • 生 活 障 害
  • 生 活 障 害
  • 認知障害の実態
  • 認知機能の領域
  • CPTで使用される視覚刺激の例
  • トレイル・メイキング テスト B
  • Gallhofer et al, 1996
  • 言語性ワーキング・メモリー機能とDSDT
  • DSDT (Digit Span Distractibility Test)
  • 統合失調症群と健常対照者群の妨害なしおよび妨害あり条件下でのDSDT正答率
  • ワーキングメモリーの模式図
  • 統合失調症の認知機能障害の重症度
  • BACS
  • 認知機能障害を問題とすることがどうして必要か
  • 神経認知および機能的転帰:因子間の関連
  • リハビリテーションの効果と認知障害
  • ワーキングメモリー障害は社会生活機能の予後に関係する
  • 生活障害と認知機能との関係
  • GreenやNuechterleinらの総説から
  • 社会認知は社会生活機能の予後に関わる要因である可能性がある
  • Pennらによる社会認知と社会機能の関係図
  • Pennらによる社会認知と社会機能の関係図
  • 挨拶もせず急いで通り過ぎていった同僚への統合失調症患者さんの反応の例
  • 社会認知と社会生活機能の間の関係
  • 社会認知と社会生活機能の間の関係
  • 病因論
  • 統合失調症の病期
  • ドーパミン経路
  • 統合失調症の原因
  • 統合失調症と遺伝子の関係
  • 連鎖解析の結果
  • 連鎖解析の結果
  • 統合失調症とドパミン
  • 治 療
  • 治 療
  • よい統合失調症治療の条件
  • 米国精神医学会治療ガイドライン 統合失調症の治療戦略
  • 初期治療の良否と長期転帰
  • 初発の統合失調症における急性期治療後の転帰
  • 薬 物 治 療
  • 統合失調症に効く薬物はどんなものか?
  • 抗精神病薬
  • エキスパートコンセンサスガイドライン
  • エキスパートコンセンサスガイドライン
  • 抗精神病薬の薬理作用
  • 幻聴と抗精神病薬
  • 幻聴の臨床経過とEARLY IMP SCAN像の対応
  • 薬物治療の基本的な考え方
  • 374人の患者の累積百分率
  • 治療予後と認知機能障害
  • 薬物アドヒアランスと再発
  • 抗精神病薬を継続すると再発率はより低い
  • 定型・非定型薬と治療アドヒアランス
  • 薬物治療のコンプライアンス: 非定型抗精神病薬VS定型抗精神病薬 6ヶ月間
  • 定型・非定型薬と再発
  • 再発までの期間
  • 非定型抗精神病薬と定型抗精神病薬の再発率のメタアナリシス
  • 定型・非定型薬と認知機能障害
  • 薬物療法と認知機能障害(1) 定型抗精神病薬
  • 定型抗精神病薬が統合失調症の認知機能に与える影響
  • 薬物療法と認知機能障害(2) 新規非定型抗精神病薬
  • 新規非定型抗精神病薬治療による認知機能の改善
  • 統合失調症患者における認知機能の変化(エフェクト・サイズ)
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 注意機能(覚醒度)
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 注意機能(覚醒度)
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 注意機能(覚醒度)
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ ワーキングメモリー
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ ワーキングメモリー
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ ワーキングメモリー
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 言語学習
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 言語学習
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 言語学習
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 言語流暢性
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 言語流暢性
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 言語流暢性
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 実行機能
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 実行機能
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 実行機能
  • 認知機能と再発
  • 実行機能は抗精神病薬治療中止による再発の予測因子となる
  • 抗精神病薬で認知機能が改善すると、どういうメリットがあるのか?
  • 統合失調症の就労・就学機能に影響する可能性のある因子のモデル
  • 神経認知機能から機能的転帰を予測する
  • 心理社会療法
  • 生活技能訓練(SST)とは
  • 基本訓練モデルのセッションの流れ
  • 結果
  • 良好な適応状態
  • 認知機能障害があっても学習は進む
  • Tulvingによる記憶の階層システム
  • 統合失調症と記憶システム
  • 鏡映文字読字課題の1例
  • 統合失調症群と対照群のセッションの読字時間
  • SSTによる改善効果は認知機能が良いとより大きい
  • 結果
  • 薬物療法と心理社会的療法の統合
  • 統合失調症の治療
  • 認知矯正法(Cognitive Remediation)
  • 認知矯正法と認知適応法
  • 認知矯正法
  • 統合失調症における認知矯正法の効果のメタ解析
  • 認知機能障害の心理的治療
  • 認知機能障害の心理的治療
  • 認知機能障害の心理的治療
  • 認知機能障害の心理的治療
  • 認知矯正法とSSTを統合して行うBrennerらのIPT
  • BrennerらのIPT
  • 認知矯正法と職業リハの組み合せ
  • 援助つき雇用と認知トレーニングを組み合わせると雇用率が向上する
  • 幻覚・妄想の認知行動療法(当事者研究方式)
  • 「当事者研究」
  • 「正体不明の声」ワークショップへのご案内
  • 「正体不明の声」ワークショップ運営委員会
  • ICFと治療ゴール
  • 新しい障害分類
  • 国際障害分類
  • 機能と能力障害のキーコンセプト
  • 生活機能・障害の構造とアプローチ
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ