メニュー
  • パニック障害とパニック性不安うつ病
  • パニック障害の概念誕生までの歴史
  • パニック発作とパニック障害の疫学
  • パニック障害の評価尺度
  • 予後調査
  • 服薬 185人( 84.5%)  34人(15.5%)
  • パニック障害の家族研究
  • 1親等内に患者を持つ割合(%)
  • 親を失うことがパニック障害の発症に影響するか?
  • 戦争体験がパニック障害の発症に影響するか?
  • ライフ・イベントは発症に関連するのか?(A)
  • ライフ・イベントは発症に関係するか?(B)
  • PDと大うつ病の生物学的指標
  • パニック障害の原因
  • Volumetric MRI 研究
  • GABAA-Benzodiazepine(C11?Flumazenil)Receptor Binding の減少
  • パニック障害に伴ううつ病パニック性不安うつ病
  • 広場恐怖を伴うパニック障害おける感情障害の併発
  • Harvard/Brown Anxiety Research Project
  • 症例 山口沙也佳 21歳 女性私立女子大学2年生
  • 現 病 歴
  • パニック障害を火山に例えると
  • DSM-4 非定型うつ病
  • The Rate of Atypical Depression According to Stewart’s Criteria
  • メランコリー型  非定型うつ病
  • パニック性不安うつ病に対する認知行動療法
  • パニック性不安うつ病の家族教育
  • まず症状についてですが、抑うつ気分は共通した症状です Mood Reactivity
  • 以下の説明は、人によってあったりなかったりする症状です。 Rejection Sensitivity
  • 人によってあったりなかったりする症状 Hyperphagia
  • 人によってあったりなかったりする症状 Hypersomnia
  • 人によってあったりなかったりする症状Leaden Palsy(鉛様麻痺)
  • 次は、うつ状態が出てくると起こる性格変化についての説明します。
  • パニック性不安うつ病における性格変化
  • パニック性不安うつ病における性格変化
  • パニック性不安うつ病における性格変化
  • パニック性不安うつ病における性格変化
  • パニック性不安うつ病における性格変化
  • パニック性不安うつ病における性格変化
  • パニック性不安うつ病における性格変化
  • パニック性不安うつ病における性格変化
  • こういった症状や性格の変化がよくなるには
  • ご家族のご協力が回復を早めます。
  • ご家族の方の基本的なご協力は(1)
  • ご家族の方の基本的なご協力は(2)
  • ご家族の方の基本的なご協力は(3)
  • ご家族が理解しておくとよいこと。
  • 苦悩に対処するためにいろいろなことをします。
  • 苦悩に対処するためにいろいろなことをします。家族に向けてのものもあります。
  • そのような怒り、非難などを向けられているご家族の方はさぞかし大変だと思います。
  • 怒り、非難が向けられたご家族の方が陥りやすい状態、その1
  • 怒り、非難が向けられたご家族の方が陥りやすい状態、その2
  • 怒り、非難が向けられたご家族の方が陥りやすい状態、その3
  • 怒り、非難が向けられたご家族の方が陥りやすい状態、その4
  • ご家族の望ましい考え方
  • 患者さんとの話し合い方その1
  • 患者さんとの話し合い方その2
  • 患者さんとの話し合い方その3
  • 患者さんとの話し合い方その4
  • 患者さんとの話し合い方その5
  • 患者さんとの話し合い方その6
  • 患者さんへの対応その1
  • 患者さんへの対応その2
  • 患者さんへの対応 その3
  • 患者さんへの対応その4
  • 自傷行為がある場合
  • 自傷行為は習慣性になることがあります。
  • 最後に
  • 文献的には:パニック障害における人格障害を持つ患者はうつ病を併発する群に多いとしている
  • パニック性格の長所
  • 森で歌い踊るパンの神
  • 旅人にうなり叫ぶパンの神
  • A.過去半年間、怒りっぽい
  • D.怒り発作において、以下に示す症状を4つ以上、
  • SDS
  • メランコリー型とパニック性不安うつ病の療養・介護の仕方の違い
  • 非定型うつ病の治療効果
  • パニック性不安うつ病患者にありがちな病前特性
  • パニック性不安うつ病の親にありがちな特性
  • パニック性不安うつ病の病態形成過程 - 貝谷仮説
  • パニック性不安うつ病に対する認知行動療法
  • 不安・抑うつ発作
  • 不安・抑うつ発作への対処法
  • 悲しいとき、不安なとき、イライラしたとき・・・具体的に何をしたら落ち着けるかを考えましょう。
  • 悲しいとき、不安なとき、イライラしたとき・・・具体的に何をしたら落ち着けるかを考えましょう。
  • これらをまずリストアップし、続いて「私を大切にするためのカード」を作りましょう。
  • カードに具体的に書いてみましょう
  • カードに書いて、携帯しましょう。
  • うまくコントロールできたら
  • 自分をほめる言葉を「私を大切にするためのカード」に書きましょう。
  • 感情コントロールトレーニング ~自分の気持ちと上手につきあうために~
  • 感情をつかもう!!
  • 悲しいとき
  • 悲しいときの表情
  • 悲しいとき
  • 悲しいときの身体
  • 自分の感情をつかむために
  • あなたが最もよく感じる感情は?
  • 不安障害における悪循環
  • 感情がうまくコントロールできない?
  • 感情をコントロールするための基本3セット
  • 怒り発作
  • 怒り発作
  • 怒りを感じることは当然のこと
  • コミュニケーションを円滑にしよう(自己主張)
  • Ⅰ.コミュニケーションのしくみ
  • Ⅰ.自分探しをしましょう
  • Ⅱ.自分と付き合うために
  • Ⅲ.自分の特徴
  • Ⅴ.自己表現のしかた
  • Ⅵ.自己表現に必要な4つのスキル
  • 自己の客観視
  • 私達は普段から意識していない間に様々なことを体験しています
  • あなたが今どのようなことを体験しているか、客観的に見つめるトレーニングをしましょう。
  • まずは瞑想をしてみましょう(3分間)
  • 瞑想中、体験していることを観察し、客観的に見つめてみましょう。
  • 瞑想中に起ることは全て受け入れます
  • 瞑想が終わったら、瞑想中に   体験したことを表現してみましょう。
  • 瞑想中体験することに良い悪いはありません
  • 瞑想を通して、物事を評価せずにありのままに受け入れる練習をしましょう。
  • 生活に自信をつけよう!生活指導
  • 働きましょう (傍が楽になる)自分を楽しませましょう身体を動かして生活の幅をひろげましょう
  • M-P法記録方法
  • 療養ための3か条
  • パニック性不安うつ病に対する認知行動療法
  • パニック性不安うつ病における性格変化
  • 前 頭 葉 症 状 群
  • パニック障害における脳血流量
  • パニック障害認知行動療法は脳の糖代謝を変えるか?
  • 扁桃体、海馬、視床領域
  • 研究②:対象と方法
  • 治療後に増加
  • 認知行動療法の脳画像に及ぼす影響
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ