メニュー
  • 不眠の認知行動療法
  • よく耳にする不眠の訴え
  • 睡眠障害(ICSD-2, 2005)
  • 不眠症の一般的診断基準
  • 不眠症のサブタイプ(ICSD-2)
  • 不眠症状の自然経過
  • 不眠症状の自然経過
  • 不眠の慢性化
  • 不眠とうつ病,不安障害の関係
  • 不眠とうつ病エピソードの関係
  • 大うつ病患者128名の寛解期における残遺症状数とその内訳
  • 不眠と自殺
  • 本ワークショップのねらい
  • アウトライン
  • CBT-I の治療効果―RCTによる検討―
  • CBT-I の治療効果―睡眠指標のメタ分析―
  • CBT-I の治療効果―自記式尺度のメタ分析―
  • 不眠症の認知行動療法(CBT-I)に関するアメリカ睡眠学会(AASM)の基準
  • CBT-Iの歴史
  • 認知行動療法の基本姿勢
  • 認知行動療法の利点
  • 認知行動療法に対する誤解
  • 認知行動療法には
  • オペラント条件づけ
  • オペラント条件づけの応用―機能分析―
  • 不眠症患者の例
  • レスポンデント条件づけ(古典的条件づけ)
  • なぜ梅干しを見ると唾液が出るのか?
  • 不眠症のレスポンデント条件づけ
  • 認知行動療法の手順
  • インテーク面接情報収集
  • 現在の睡眠パターンと活動パターン
  • CBT-Iの説明と同意
  • CBT-Iの説明と同意
  • 不眠症にお悩みの方へ
  • 目標設定
  • 問題リストの作成
  • 問題行動の特定の仕方
  • ロールプレイ
  • 症例
  • 問題リストに基づく機能分析の実施
  • 症例
  • ホームワーク
  • 睡眠日誌
  • 不眠評価尺度
  • 不眠の認知行動療法 Cognitive Behavioral Therapy for Insomnia
  • 不眠症を克服するために
  • セッション1
  • 不眠の発症と慢性化
  • 1晩の睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠がある
  • 睡眠サイクル(睡眠段階)
  • 睡眠段階と年齢
  • 体温と睡眠
  • 光と体内時計1
  • 光と体内時計2
  • 光と体内時計3
  • 睡眠・覚醒リズム―日中の活動と睡眠―
  • 不眠の維持要因
  • 維持要因の関連性
  • 睡眠薬の開始と継続
  • 睡眠衛生
  • 就寝2~3時間前の軽い運動の効果
  • 心理教育・睡眠衛生指導のターゲット
  • セッション2
  • リラクセーション(漸進的筋弛緩法)
  • 筋弛緩法のターゲット
  • レスポンデント条件づけを利用した筋弛緩法の実施タイミング
  • セッション3
  • 睡眠スケジュール法
  • 睡眠・覚醒リズム
  • 睡眠・覚醒リズム―日中の活動と睡眠―
  • 睡眠スケジュール法
  • 睡眠日誌(例)
  • 睡眠スケジュール法
  • 睡眠日誌 sleep window: 23:30~6:00
  • 睡眠スケジュール法
  • 睡眠スケジュール法(Morin & Espie(2004)に基づいて作成)
  • 睡眠スケジュールのターゲットづいて作成)
  • 導入
  • 睡眠日誌(睡眠スケジュール実施前)
  • セッション4,5
  • 成功した場合
  • 睡眠日誌(実施後:成功例)
  • 実施が困難だった場合
  • 睡眠日誌(実施後:実施困難例)
  • わかっちゃいるけど,やめられない!
  • 機能分析に基づく悪循環の検討
  • 会話例
  • 随伴性マネジメント(鮎の塩焼きモデル)
  • オプション
  • ニワトリが先かタマゴが先か
  • 心配への対処
  • 悩みごと整理シート
  • 心配への対処のターゲット
  • 近年の研究動向
  • 高齢者の慢性不眠症に対する短期行動療法
  • 会社員を対象としたCBT-I の予防的介入効果
  • 近年の研究動向
  • 睡眠薬とCBT-Iの併用効果
  • 近年の研究動向
  • 身体疾患と不眠症
  • ガン患者の不眠
  • 乳ガン患者に対するCBT-I
  • アウトライン
  • 代々木睡眠クリニックでの実践
  • 方法
  • 代々木CBT-I の治療構成
  • 睡眠薬の中断法
  • 睡眠薬の中断による反跳性不眠
  • 治療前後の得点
  • 改善効果と減量効果
  • アウトライン
  • まとめ
  • 最後に
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ