メニュー
  • SSTの基礎
  • 疾患と障害の構造
  • 精神障害における障害
  • 国際障害分類
  • ICIDH ICF
  • 治 療
  • ストレス-脆弱性-対処技能モデル
  • ◆精神症状の回復 ◆同性や異性との交流 ◆自立した生活 ◆就労
  • 自立した社会生活を助ける技能
  • 日常生活技能と社会生活技能の例
  • 社会生活技能(Social Skills)
  • 統合失調症などの慢性精神障害者の生活技能の乏しさはなぜ生じるか?
  • S S T
  • 生活技能訓練(SST)とは
  • SST
  • SST基本訓練モデルの実施法
  • SSTのモジュール(課題領域別学習パッケージ
  • 社会生活技能訓練(SST)実施のポイント
  • SSTは学習原理を用いる
  • 社会生活技能訓練(SST)の目標設定
  • 適切な目標設定の基準(良い目標と悪い目標)
  • 統合失調症の再発防止のエビデンス
  • 慢性精神障害の人々の示す生活障害(制限)の基礎には特徴的な機能障害がある
  • 認知機能障害があっても学習は進む
  • Tulvingによる記憶の階層システム
  • 統合失調症と記憶システム
  • 鏡映文字読字課題の1例
  • 統合失調症群と対照群のセッションの読字時間
  • SSTによる改善効果は認知機能が良いとより大きい
  • 結果
  • CPTで使用される視覚刺激の例
  • Gallhofer et al, 1996
  • トレイル・メイキング テスト B
  • 言語性ワーキング・メモリー機能とDSDT
  • ワーキングメモリーの模式図
  • 統合失調症群と健常対照者群の妨害なしおよび妨害あり条件下でのDSDT正答率
  • 結果
  • 認知機能障害と社会生活機能の関係
  • 神経認知および機能的転帰:因子間の関連
  • 統合失調症の就労・就学機能に影響する可能性のある因子のモデル
  • リハビリテーションの効果と認知障害
  • ワーキングメモリー障害は社会生活機能の予後に関係する
  • 認知機能から機能的転帰を予測する
  • 認知矯正法と認知適応法
  • 認知機能障害の治療・リハの方略
  • 認知矯正法
  • 認知矯正法の脳機能,認知機能,社会的機能への影響
  • 統合失調症における認知矯正法の効果のメタ解析
  • 認知矯正法とSSTを統合して行うBrennerらのIPT
  • BrennerらのIPT
  • 認知矯正法と職業リハの組み合せ
  • 援助つき雇用と認知トレーニングを組み合わせると雇用率が向上する
  • 社会認知は関係ないのか
  • 神経認知および機能的転帰:因子間の関連
  • GreenやNuechterleinらの総説から
  • 社会認知は社会生活機能の予後に関わる要因である可能性がある
  • Pennらによる社会認知と社会機能の関係図
  • 挨拶もせず急いで通り過ぎていった同僚への統合失調症患者さんの反応の例
  • 社会認知と社会生活機能の間の関係
  • SSTによる改善効果は認知機能が良いとより大きい
  • 定型・非定型薬と認知機能障害
  • 薬物療法と認知機能障害(2)新規非定型抗精神病薬
  • 新規非定型抗精神病薬治療による認知機能の改善
  • 薬物療法と認知機能障害(2)新規非定型抗精神病薬
  • 新規非定型抗精神病薬治療による認知機能の改善
  • 統合失調症患者における認知機能の変化(エフェクト・サイズ)
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 注意機能(覚醒度)
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 注意機能(覚醒度)
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ ワーキングメモリー
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 言語学習
  • 抗精神病薬間での認知機能への効果比較 まとめ 言語流暢性
  • 幻覚・妄想の認知行動療法(当事者研究方式)
  • 「当事者研究」
  • 「正体不明の声」ワークショップへのご案内
  • 「正体不明の声」と認知行動療法
  • 「正体不明の声」と当事者研究
  • よい統合失調症治療の条件
  • 3つのアプローチとその対象
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ