メニュー
  • マインドフルネスそしてACTへ
  • マインドフルネスとは
  • 一つの思考実験
  • 純粋体験と「私」の認知
  • もう少し操作的に定義してみると・・
  • 要するに
  • 呼吸による気づきの教え
  • 身体: アクセプタンスということ
  • マインドフルネスそしてACTへ 02
  • 思考の素性
  • 心: 貪瞋痴への気づき
  • マインドフルネスそしてACTへ 03
  • 法則性: 無常・苦・無我ということ
  • マインドフルネスと無常の力
  • もう一度まとめると
  • 瞑想の種類と特徴
  • 三つの必要条件
  • マインドフルネスの実践方法
  • 歩くマインドフルネス瞑想
  • 座るマインドフルネス瞑想
  • マインドフルネスそしてACTへ 04
  • 認知/行動療法とマインドフルネス
  • ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)
  • マインドレスになる基盤
  • 言葉が『バーチャルな世界』を作り出すとは
  • 言葉と対象の双方向性
  • ACTにおけるマインドフルネス
  • 思考の世界全体と距離を取る
  • 臨床行動分析における「環境」
  • 観察者としての自己と脱フュージョン
  • 自由連想タスク-思考を見ること-
  • 「流れに漂う葉っぱ」のエクササイズ-思考から見ることと、思考を見ること-
  • 「流れに漂う葉っぱ」のエクササイズ-思考から見ることと、思考を見ること-
  • 「足を意識して、文章を読む」エクササイズ-注意の分割=気づきと視点の転換の実現-
  • ACTにおける価値とコミットメント
  • 価値の明確化
  • 参考文献
詳 細 ・ 購 入 ペ ー ジ